安保関連

www.asahi.com

 

わたしゃノンポリですから。

 

自民の某議員がSEALDsを「利己的」と批判してバッシング食らった。

 

そのSEALDsに触発されて、じーさんがOLDsを結成した。

 

なんだかなあ…

 

 

昭和30年代生まれの人達は全共闘世代を

 

クチばっか

 

と嗤う。

 

 

これは、ある程度は的を射ている。

 

全共闘世代 ≈ 団塊世代は理想論だけで動きがちで、その理想論でもって動いた結果でマトモなもの、あんまりない。

 

ゆとり教育なんて、団塊世代がこしらえた「政策」の最たるもので…個人的には子どもをスポイルするだけ、主体的に動くチカラを育んでおらず、失敗だったと思う。

 

 

全共闘世代の共感を呼び起こすSEALDsは、まあ、そうしたクチだ。共感する方もアレであって。

 

わたしゃ知らん。ノンポリですから。

 

 

 

話は変わって…安保法案に反対する勢力に中国人が混ざっているのではないか?との巷説。

 

そりゃあ、かなり混ざっているだろう。なんでも中国には、戦争中の日本の国家総動員法に相当する法律があり、これは平時にも適用され、在外中国人にも適用されるとのこと。中国人が混ざっていても何ら不思議ではない。

 

 

北京オリンピックの聖火リレー - Wikipedia

 

ありゃあ、ひどかった。Wikipedia にはバッチリ書かれているけれども、当時リアルタイムで報道したマスメディアはごく少数。

 

私が見たのは福岡の九州朝日放送による九州ローカル深夜番組ドォーモ」の密着ドキュメントがYouTube か何かにアップされてたもの。独立巨大掲示板でマスゴミと言われる所以を実感した「事件」だったよ。

 

要するにチベット独立問題で悶着あって、中国共産党が中国人留学生を動員してチベット独立支援派の抗議活動を封じようとして、メチャクチャだったんだ。でもマスメディアは沈黙。九州ローカルの深夜番組で報道されたのがせいぜい。

 

詳細は上掲 Wikipedia の「2.1.18 日本」の項を見てくれい。

 

 

 

さてさて、

 

www.toychan.net

 

なるほど日帝という単語は、巨大掲示板で言われる「特亜」、具体的には中華人民共和国大韓民国朝鮮民主主義人民共和国で頻用されるものであり、日本で一般的とは言いがたい。

 

それでは日本のサヨクで「日帝」という用例はあるのか?と、ざっくり調べてみた。

 

サヨクと言うけど、細かく言えば共産党社会党などの既存の左翼政党に対抗する諸勢力を「新左翼」と呼ぶのであり、ただいま公安はその多くを「極左暴力集団」と呼んでいる。リアルタイムでもゲバゲバだったからねえ。

 

ゲバとはドイツ語の Gewalt (暴力)であり、サヨク用語としては武力闘争を指すのだけれども、対立するセクト間、ないしセクト内(これを内ゲバと呼ぶ)で行使されるのが実態だった。テレビ番組の名前にも使われたし(巨泉×前武ゲバゲバ90分!)、左卜全とひまわりキティーズ『老人と子供のポルカ』では「やめてけ~れゲバゲバ」なんて歌われたもんだ。

 

 

そうした連中の帝国主義が何を指していたか調べたら、要するに「米帝」だ。ほとんどのサヨクがいう帝国主義とはアメリカのことであり、グローバリゼーションや新自由主義アメリカ帝国主義であって、日本はアメリカ帝国主義の手先と規定している。ほとんどのサヨクは。

 

 

ただし、確かに「日帝」という言葉を使う勢力は、少ないながら存在する。

 

いわゆる赤軍だ。

 

よど号ハイジャック、あさま山荘事件三菱重工爆破事件、そうした過激な一連のテロ事件を起こした連中が「日帝」を使っていた。

 

そうしたテロ事件の実行犯たちは、死んだか、服役中であるか、逃亡中であるか、まあいろいろ。こうしたデモに参加するどころではない。

 

一連のテロ事件で組織は四散したものの、それでも一部はまだまだ「健在」で活動中とのこと。

 

 

画像をよくよく見れば、お年を召した方々であり、お達者クラブの様相を呈している。これは中国人じゃなくて、赤軍関連の人達だねえ。

 

広告を非表示にする