愛国心、ですか。

 

ネトウヨの定義だけど。

 

確かにそうだろうけれども、これで愛国まで持ち出された日にゃあ、たまらんぜ。

 

 

アンブローズ・ビアス悪魔の辞典』での愛国心の定義。

 

英語は著作権が切れてるから、そのまま転載:

 

Combustible rubbish ready to the torch of any one ambitious to illuminate his name.

In Dr. Johnson's famous dictionary patriotism is defined as the last resort of a scoundrel. With all due respect to an enlightened but inferior lexicographer I beg to submit that it is the first.

 

わたくしなりに翻訳すると:

 

野心を持つ者が自分の名を輝かせるためのタイマツにうってつけの、燃やせるゴミクズ。

ジョンソン博士の有名な辞書で愛国心は、ならず者の最後の拠りどころと定義されている。教えを受けながら恐縮であるが、未熟者の辞書編纂者としては、最初の拠りどころと申し上げたい。

 

ずいぶん回りくどく丁寧な言い回しで分かりにくいが、要するにビアス愛国心を、

ならず者の最初の拠りどころ

と定義しているのだ。

 

ったく愛国まで持ち出されちゃあ、たまったもんじゃないぜ。

 

 

 

 

広告を非表示にする