PC版YAHOO!ニュースの動画自動再生がウザい→esetでブロック

 どういう仕様変更だか知らんけど、タイトル通り。ウザい。

 どうやったらブロックできる?なんかアドオンないか?

 

 いろいろ調べたけど、これはというアドオンが見つからない。

 

 さらに調べたら、hosts をイジるという方法が紹介されてた…hosts、ねえ。

 

 hostsイジってブロックというのは超強力な方法だけど、ちょっとブロックがキツすぎて不便。だいいちアダルト・サイトがマトモに見られなくなるwww

 

 でも、これは大きなヒントだった。hosts イジリでなくとも、特定のウェブサイトのブロックはセキュリティ・ソフトで可能。

 

 私は eset を使ってるので、こいつで動画をブロックしてみた。

 

 動画のURLを調べたら https://gw-yvpub.c.yimg.jp/... になってた。だから

 

f:id:sakurahirosi:20180914190058p:plain

  この画面から[設定]をクリックして

 

f:id:sakurahirosi:20180915071444p:plain

  [インターネット保護]をクリックすると…

 

f:id:sakurahirosi:20180915071821p:plain

  こんな画面になる。[Webアクセス保護]の右端の歯車マークをクリック。そすと、

 

f:id:sakurahirosi:20180915071854p:plain

  こういうゴチャラっとした画面になる。[URLアドレス管理]の左にある展開の[+]マークをクリックすれば

 

f:id:sakurahirosi:20180915071937p:plain

  アドレスリストというのが出てきて、その右側に「編集」なんてのが表示されるので、こいつをクリック。

 

f:id:sakurahirosi:20180914191425p:plain

  こんなのが出てくる。

 

f:id:sakurahirosi:20180915072052p:plain

  ブロックしたいのだから「ブロックするアドレスのリスト」をクリックする。そんで

 

f:id:sakurahirosi:20180915072133p:plain

  [編集]をクリックする。

 

f:id:sakurahirosi:20180915072208p:plain

  私この機能は使ったことがないから、中身ほとんどサラっぴんのウィンドウが出る。ここで[追加]をクリック。

 

f:id:sakurahirosi:20180915072255p:plain

  こんなのが出て来るから、動画のURLの頭のhttps://と .jpより後のゴチャラっとしたやつを省略した gw-yvpub.c.yimg.jp を入力し、[OK]をクリック。

 

f:id:sakurahirosi:20180915072338p:plain

  アドレスリストの中に入力したヤツがはいってるのを確認した上で[OK]をクリック。

 

f:id:sakurahirosi:20180915072449p:plain

  この画面に戻るので、必ず[OK]をクリック。

 

f:id:sakurahirosi:20180915072516p:plain

  またまた、その前の画面に戻るので、必ず[OK]をクリック。

 

f:id:sakurahirosi:20180915072553p:plain

  この画面に戻る。[ホーム]をクリックしても良いし、[×]で消してしまっても良い。

 

 試してみれば、

f:id:sakurahirosi:20180914193308p:plain

 

 とりまブロック成功。

 

 hosts ファイルでのブロックと同じなので、hostsでやっても結果は同じになると思う。ただhostsをイジったらOSを再起動しなきゃなんない。このやり方では再起動の必要がない。ただそんだけの違い。たいていのセキュリティ・ソフトにはこの手の機能があるはず…だけどもちろん操作方法は違う。

 

 どうせ Y! も配信URLを変更するなど対策やるだろうから、そのつど変更の必要はあるだろう。

 本当は自動再生だけブロックして、再生ボタンをクリックしたら再生されるようなアドオンが欲しいんだけどね。

 

 

『「サマータイム導入はコンピュータシステム的に難あり」は本当か』を考えてみる

blogos.com

 結論から言って筆者の宮脇睦なる人物はほぼド素人と断じて良い。

 PCやスマホ等のアプリを単独でひとりでコーディングした経験はあるかも知れないが、一定規模の情報システムの開発および保守の経験はないと考えられる。そうでなければ、こんなアホなことを堂々と述べ奉ることはできないですよ。

 

 ほぼド素人の言説をいちいち検証なんてバカバカしいから、ポイントポイントを指摘していく。

 

ホストコンピュータなどと接続していて、連続した情報をやりとりしているシステムなら、バチっと電源を落として、その後の立ち上げで日時の変更をすればよいだけのこと。 

 

  スマホのアプリが挙動不安定になったら、そりゃそれでどうにかなりますわね。PCでも再起動かけりゃあ、大抵どうにかなりますわね。でもね。いきなりサーバの電源をバチッと落としたら、いまどき大問題になりますよ。

 

 さて、それなりの規模の情報システムのホスト、サーバがどのように時刻を管理しているかを考えてみよう。銀行なんかは勘定系かんじょうけいカンジョウケイという重厚長大なシステムを組んでいるので、もっとライトな、たとえばメールのサーバを考えてみよう。

 

 誰しも Gmail ぐらいは使うだろう。実際のところ、メールというものには発信者や時刻、配信を経由したサーバ等の情報が細かく書かれていて、Gmail いちいち細かい情報は表示しない。けれども見ようと思えば表示できる。

 私の Gmail アカウントに届いた ZOZOTOWN からのメールを見てみる。画面には8月9日とだけ表示されている。その詳細な時刻情報を見てみたら:

 

Date: Thu, 9 Aug 2018 13:41:03 +0900 (JST)

 

 PC やスマホ、サーバなんかでは、1970年1月1日00:00をゼロとして、ここから何秒経過したかを64ビットで表現する。

 古いシステムでは32ビットで表現してたけど、この場合2038年1月19日03:14:07でいっぱいいっぱいになる(2038年問題)。いま動いてるシステムは64ビット化したり等で対応済み、のはず。

 ちなみにこの時刻はUTC協定世界時)、昔はグリニッジ標準時と呼ばれたもので、要はイギリスのグリニッジ天文台が中心の時刻。もちろん世界各国には時差があり、UTCプラスの9時間が日本標準時(JST)。

 

  このメールの時刻の詳細情報は「2018年8月9日(木曜)13:41:03、これはUTCプラス9時間のJST表示」という意味になる。

 

 電波時計は時間が進んだり遅れたりということがあんまりない(実は時計側が意外にアバウトだけど)。これは福島と九州と2か所から時報電波JJYが発射されていて、電波時計はどちらか強い方の電波を拾って、自動的に時計合わせをやる。

 東日本大震災のとき、福島の電波の送信所が避難指示区域になったものだから電波が2か月ちょい止まったり発射されたりの繰り返しで、日本東部一帯の電波時計も時刻合わせが困難でメタメタになった。

 さらに余談。韓流アイドル三人組でJYJっているけど、最初はJJYだったのが(2009年)、いつの間にやらJYJになった。あれたぶん、芸能プロダクションがJJYを商標登録しようとしてハネられたか断念したんだよ。公共の電波の名前を商標登録って、さすがにムリがあるもんね。

 

 PCやスマホは普通ネットワーク経由で時刻情報を流すNTPサーバというものに接続し、定期的に時刻合わせをやっている。いまどきメールのサーバだってそんなだ。

 

 日本では情報通信研究機構の ntp.nict.jp が標準だけど、Windows の場合なぜか time.windows.com なんてサーバになってたりする。日本国内なんだか外国なんだか、どこにあるサーバなのか分からない。もし外国にあるサーバなら時刻合わせで通信のタイムラグが出るし、正しく修正するのにその分だけ手間がかかったりする。だからもし自分で設定できるのであれば、私は ntp.nict.jp を推奨。

 

 その時刻合わせにしたって、システムに電源を投入したら1970年1月1日の09:00:00なんて場合は、いきなり正しい時刻に合わせるものだけど、普通はジワジワと合わせる。NTP のジワジワ合わせモード(slewモードと言うそうな)では1秒間で最大0.0005秒ずつ合わせる。もし0.1秒ズレていた場合は200秒、1秒ズレてた場合は2,000秒(33分20秒)かけて合わせる。

 

 このように、そこいらのメールのサーバですらシステム内部での時刻表現やら、時刻合わせのやり方やら、けっこう複雑なのよ。ま、システムの管理・運用・保守では常識の範囲内だけどね。

 この記事の筆者は、このレベルの知識すら持ち合わせていないと断ぜざるを得ない。

 

さて、と。

コンピュータの内部は西暦で処理されていますが、元号表記が必要な場合、「1989年1月8日からは平成」と変換しているだけのことです。それが次は「2019年5月1日からは○○と新元号の処理を一行加えるだけです。 

 

  これは正しい。間違いなくその通り。ただし。それは自分が作ったアプリやシステムで通用する話。

 

 世間ではバブルの頃に組んだシステムがいまだ普通に動いてますから。1989年1月8日の平成改元のときのシステムが、ね。

 

 もちろん当時の人たちは明治・大正・昭和の対照表をコードの中に入れ込んでて、それに平成を追加したことでしょうよ。

 さて、それやった人が当時30歳だったとしたら、今は60歳とかだ。バブル崩壊で行方不明、ヨソに転職、生き残ってお偉いさんになってる、早期退職でIT業界を離れてる、などなど。

 そういう人たちが膨大なコードのどの部分にそれを入れ込んだかを、現役の現場の人間がどうやって探し当てれば良いのだ?と。「あの件、どこの部分で元号処理やってるんですか?」って、やった本人に聞こうにも、本人が行方不明じゃあ、どうにもならない。お偉いさんになってたら、知らんとか忘れたとか言われるならまだマシ、普通いちいちオレに聞くなボケなんて罵倒されるのがオチ。

 

 当時のことだから「仕様書」というモノがあるにはある。紙に印刷された仕様書が段ボール箱のひとカタマリとなって、どっかに保管されている。まず倉庫の段ボールの山の中から、仕様書の段ボール箱のカタマリを発掘しなければならない。そこから、いちいち印刷された仕様書に目を通して、当該部分を探し当てなければならない。

 もう、ね。遺跡や化石の発掘の現場とおんなじ状況な訳ですよ。

 

 そういう事情をすっ飛ばして「一行加える」って、それは業界の現実を知らないド素人の言いぐさです。

 

 私もプログラミングの経験があるにはあるので。自分だったら…まずアプリの開発段階で対照表を作っといて、起動のたびに対照表を読み込む仕様にしておく。現時点でまだ新元号が明らかになってないから仮に、2019年5月1日から「ゲボボ」とか置いといて、アプリのアップデートで「改元準備」ということで(明確に言っても言わなくてもいい)対照表を配信しておく。

 もし言ったとしたら、PCなりスマホなりの日付を手動で2019年5月1日に設定する人が絶対にいる。そんでアプリで元号が「ゲボボ」と表示されたらバズるかも知れない(笑)。バズるかどうかはともかく、そういう人がいてくれた方が配信側としてはありがたい。改元対応が本当にうまくいきそうかどうかのテストになるので。

 そいで新元号が発表されたらゲボボを新元号に差し替えた対照表を配信すれば良い。

 

 ただしこれは自分でスマホとかのアプリを作って自分で配信する場合に通る話であって、一定以上の規模の企業の情報システム・アプリの場合、こんなに簡単にはいかない。ふつう改元は想定してないから、たいていは対照表じゃなくてコードの中に突っ込んでると思う。もう、ね。発掘現場そのものですよ。

 

 んで記事の話題はサマータイムに飛んでる。

 

 普通のOSはサマータイムに対応している。でもそれは、こんだけITモノが普及する以前からサマータイムやってる国・地域が多いものだから、OSのレベルで地域ごとのサマータイムに対応しているというだけの話で、新たに導入するとなると話が違ってくる。

 だいいち今般のサマータイムは2時間だ。たいがいの国・地域でサマータイムは1時間だ。そうでない国・地域もあるけど、それは昔からそうなのだから、OSでも最初っからそのように対応させている。

 新たにサマータイムを導入ってだけでもオオゴトなところを、加えて2時間というのは、いくら何でも無茶だ。

 

 いまどきOSはグローバルで開発するもの。百万歩ゆずって2019年・2020年の2年間限定で日本だけ2時間のサマータイムって…グローバルな開発体制で日本という、相対的に人口の少ない地域のためだけにそのように対応させるなんて、みんなソッポ向きますですよ。

 

 時報電波JJYに話を移す。JJYは一秒に1ビットの情報を発信している。1分間の60ビットで、年月日と時刻を流している。ほかに、うるう秒なんて情報も乗せてる。60ビットをフルで使っている訳じゃなくて、10ビット使ってない。この10ビットは「常にゼロ」という仕様。実際に使われてるのは50ビット。

 

 サマータイムについては、50ビットのうち2ビットが「予備」としてキープされている。

 ひとつのビットはサマータイムの予告。現状は常にゼロだけど、仕様上は6日以内にサマータイムが始まる/終わるという場合はイチにするということになっている。

 もうひとつのビットは、これまた現状は常にゼロだけど、ただいまサマータイムの真っ最中ですよという場合にイチとする仕様になっている。

 

 どこに「サマータイムは2時間」という情報を入れ込め、と?グローバルにサマータイムは1時間がスタンダード。だからJJYの電波仕様もサマータイムの予告と、サマータイムの真っ最中情報しか織り込んでいない。おそらく仕様を作るとき、サマータイムは1時間と想定していたのだと思う。

 

 理論上は10ビットの空きがあるから、そこに入れることは可能っちゃあ可能だ。

 

 問題は、電波時計は工業製品である。ある程度の量をまとめて開発し製造するというシナモノだ。せいぜい2年間の、グローバルに見てもイレギュラーなサマータイムのために製品を開発して製造し売り出すっての、時計メーカーとしてはぜんっぜん割に合わない。2年間のため専用の電波時計をわざわざ買う消費者はいない。JJYを発信してる国立研究開発法人・情報通信研究機構の中の人たちも、そんな仕様変更わざわざやるほどヒマじゃない。

 

 技術的にもマーケティング上も、2時間のサマータイムは無理筋にも程がある。手動で時計を2時間調整しろ、と?それじゃあ電波時計を使う意味がない。お話にならない。

 

 ダメですな。

 

マイルド・ヤンキーに関する考察(たぶんその01)

 マイルド・ヤンキーの何のかの言われてるけど。

 

 ブルデュー Pierre Bourdieu の文化資本論をベースに考えたら、説明がつきやすいように思う。

 

 文化資本論をベースとしてマイルド・ヤンキーを定義できないだろうかと考えてみた。ここで一応の定義を与えてみる。マイルド・ヤンキーは、以下のふたつの要件を満たしている者ではないだろうか:

 

  1.  都市文化から疎外されている
  2.  生まれ育って現在居住している地域の伝統文化から疎外されている、またはその地域に伝統文化と呼べるようなモノがない

 

 これらを満たすのがマイルド・ヤンキーだとすれば、いろいろ言われているマイルド・ヤンキーがみせる言動やその思考回路といった現象の側面をほとんど説明できるように思う。

 

 そすと、現代のマイルド・ヤンキーというのは昭和末期のヤンキーをそのまま引き継いでいるようにも考えられる。つまりマイルド・ヤンキーの形成過程を昭和末期にまで遡って考察できるのではないかと考えられる。

 

 マイルド・ヤンキーは郊外型の大型ショッピング・センターが大好きだから、マイルド・ヤンキーをマーケティングのターゲットにすべし、なんて話も耳にする。しかしそれは本当にマーケティングなのだろうか。平成初期、極端に団塊ジュニア層へ集中したせいか現在は迷走気味の無印良品の轍を踏むことになりはしないだろうか。

 

 文化資本論ベースでマイルド・ヤンキーを考察したら、何かにつけ便利なように思われる。

 

追記

 

この記事を書いたすぐ後あちこち新聞社のウェブサイトを巡回してたら:

 

琳派ロック、今年も京都から発信 10月に平安神宮で祭り : 京都新聞

 

 YouTube の PV 見て

 

絶望

 

しましたですよ。はい。

 

 京都市のまん真ん中で、上記ふたつの要件を満たす人たちが、ブルデューの言う俗悪の極みを開陳するんだもんなあ。そりゃ生粋の京都人というもの実はごくごく少ないのだけど、それにしても京都には京都の一般市民の都市文化ってものが厳然として存在するのであって…

 たとえば京都市民の若い女性がバーでスクリュー・ドライバーを注文するというのは、自分がスクリュー・ドライバーごときで「いてこまされる」オンナではないという自己主張、サインなのである。そうした文化から疎外されている女性は、単に「おいしいから」という理由でスクリュー・ドライバーを注文する。若い女性のサケの注文においてすら、都市文化のインサイダーとアウトサイダーの間の絶望的な断絶があるのだ。

 

韓国のカレーとタンムジの関係

 韓国には何度も行った。学生時代に韓国人の先輩がいたという縁があって。

 私は単純な嫌韓嫌中ではない。中華人民共和国には行くつもりがない…なんしろ民主主義国家じゃないし矛盾だらけで、行ったら何が起きるかわかったもんじゃない。中国人にしたって、この人はという人物は一人しか会ったことがない:たいていは自分の考えを一方的にまくしたてるだけで、こっちの話をきちんと聞かない。でも台湾人は話せばわかるし、韓国だって話せばわかる人が中華人民共和国の人よりはるかに多いから。

 さて韓国の食べ物でいまいち良くわからないのが、カレー。

 日本の食べ物が植民地時代に導入されて、일식(イルシク:日式)として定着している。カレーもそうだし、トンカツは돈까스(トンカス)だし。チャンポンはトウガラシで真っ赤だ。ホットクなんてのがあるけど、たぶん日本からもたらされたホットケーキが韓国化されたものだと私は思う。

 そんで意外な食べ物が단무지(タンムジ)。タクアン漬けだけど、日本のスーパーで売ってる安い、着色料で真っ黄色で、やたら甘ったるいタイプのもの。昔はタックヮンと呼んでいたようだが、日本語そのまんまじゃマズいなんて話があって、タンムジと呼ぶようになったそうだ。トンカツがトンカスのままなのに…

 そしてなぜかタンムジには、上から酢をダボがけする。なんでだ?

 だいいち韓国でダイコンの漬物は、赤いカクテキ(깍두기:カットゥギ)と、トウガラシを入れない동치미(トンチミ)とがあるのであって…もっとも両者とも乳酸発酵で十分に酸っぱいし、これらに比べるとタンムジはほとんど酸味がないから、あえて酢をかけるのかも知れない。

 んでカレーの付け合せは、タンムジかキムチ。これがちょっと謎だった。

 そいや在日コリアンの話を聞くと、彼ら彼女らが日本国内の家庭でカレーを作って食べるという場合、まず100%、付け合せはキムチだ。これは民族的アイデンティティというものだろう。

 むかし、とある本を読んでたら、かつて日本郵船の国際航路でカレーの付け合せはおなじみ福神漬けだったけど、三等船客向けは福神漬けでなくタクアンだったと書かれていた。

 んで本日、ふと思いついてぐぐったら:

 

www.nyk.com

 日本郵船のウェブサイトに、カレーはドライカレーで、付け合せは基本的に福神漬けだったけど高かったから、三等船客はタクアンだったと明確に書かれている。

 

 かつて朝鮮半島は日本の植民地であって、当時は日本国内扱いだったから、以下は表記を朝鮮・朝鮮人で統一する。差別的な意図はありません。あくまでも当時の状況の記述ですので。

 

 当時の日本~朝鮮の航路というのが、いまいち良くわからない。この時代の朝鮮は日本国内扱いで、いろんな海運業者がいろんな路線を運航していたし。

 ただ横浜・神戸~ソウルという場合は、日本郵船の長崎~インチョン便を使うのが一般的だったみたい。

 もう亡くなったけど、ナム・ジュン・パイク(白南準;백남준;Nam June Paik)というソウル出身のビデオ・アーティストがいた。この人の家はめちゃくちゃリッチで、戦後に一家で日本に移住、本人は東大に入ったけど、その時点で家にピアノがあったという。こういう人は船に乗るにしても一等・二等で、カレーを食べるにしたって福神漬けの付いたカレーだっただろう。

 けれどもこういう人は例外で、戦前戦中の朝鮮人が朝鮮と日本を往来する場合、普通は三等を使ったことだろう。そすとカレーの付け合せは必ずタクアンになる。

 そういう人たちがカレーというのを覚えて、戦後に韓国国内でカレーを作るってな場合、付け合せはタクアンに決まってるということになるだろう。

 ま、憶測の域を出ないけどね。

 

グルテンフリーを考えてみた。

最近グルテンフリーなんてコトバを良く聞くし、欧米で大流行していると聞く。

 

わたしゃパッと聞いて、アミノ酸バランス問題じゃねの?と思った。

 

とりあえず、ぐぐった:

 

style.vegewel.com

 もともと小麦アレルギー対策で始まったのが、スポーツ選手やモデルさんたちがやってみたら、スコアが上がった、体調が良くなった、効率的にダイエットできた、等々で流行となったようだ。

 

 でも常識として、これアミノ酸バランス問題だよね?

 

必須アミノ酸 - Wikipedia

 

  ヒトが食物から摂取しなければならない必須アミノ酸というものがあって、これが欠けると健康を害するし、場合によっては病気になったり死に至ったりする。

 アジア人は概してコメが主食、欧米人はだいたい小麦(パン)が主食。コメは小麦より必須アミノ酸のバランスが良いと聞いていた。

 

 昔は鶏卵の必須アミノ酸バランスを100として計算してたよな、と思って改めてぐぐった。そしたら:

 

アミノ酸スコア - Wikipedia

 

 今は FAO と WHO の1985年バージョンで、ダイズを基準にするのらしい。

 

 にしてもウィキペディアのグラフは、分かりにくい。だから、サラから調べてみた。生データは文部科学省のウェブサイトにあった:

 

アミノ酸成分表編 第2章 第2表 Excel(日本語版):文部科学省

 

 これがウィキペディアに書かれている「窒素1g あたりに占める各必須アミノ酸のmg 数」そのものだ。いろんな項目があるから、基準を定める必要がある。だから、このようにした:

 

大豆:だいず [全粒・全粒製品] 全粒 国産 黄大豆 乾

小麦:こむぎ [小麦粉] 強力粉 1等 

コメ:こめ [水稲穀粒] 精白米 うるち米

 

小麦粉は、強力粉1等がパン用として最も一般的なのらしいから、これにした(1等と2等の違いはミネラル量らしい)。

 

 んで必須アミノ酸のデータを拾って、それぞれのアミノ酸について大豆を1とした場合の割合をエクセルでレーダーチャートで描いてみた:

 

f:id:sakurahirosi:20180221093610p:plain

 

 なるほど確かに、コメに比べれば小麦はいかにも悪い。コメだって良くはないけど、Lys (リジン)が明らかに不足している他は、ちょっと足りないぐらいの感じかな。

 

 何にせよパンばっかり食って他のたんぱく質類の食べ物が少ないと健康に悪い。しかしそれはコメだって同じこと。私が考えた通り、バランス問題なのは明らかだ。

 

 南アメリカにスペイン人がやってきて、原住民族が征服されたのは、主食がトウモロコシで、トウモロコシのアミノ酸バランスが絶望的に悪いせいだと聞いたことがある。だから、大豆・小麦・トウモロコシでグラフを描いてみた。トウモロコシのデータは「とうもろこし コーングリッツ 黄色種」を使った:

 

f:id:sakurahirosi:20180221094914p:plain

 

 明らかに Trp (トリプトファン)が少ないけど、小麦に比べて、そんなひどく悪いというレベルじゃないなあ。これまた食生活のバランス問題で、原住民族も王侯貴族以外はトウモロコシ以外の食べ物にありつけなかったって話なんじゃないかなあ?

 

まとめ

 

 グルテンフリーは、アレルギー対策以外あんまり意味がない。食生活のバランスの方が重要だわな。常識だけど。

 

 

補遺

 

 昔は鶏卵が基準だったけど、今は1985年バージョンの大豆が基準だという。だから大豆を1とした鶏卵のグラフを書いてみた:

 

f:id:sakurahirosi:20180221193108p:plain

 

 なるほど確かに、鶏卵を基準とするのは良くないように見える…かと言って大豆(製品)だけ食べれば良いというものではないだろう。動物性たんぱく質の食物には人体に必須のビタミンB12が含まれていて、大豆ほぼゼロだから、大豆のみというのが人体に有害なのは明らかだ。

 

 

 

動画のフレームレート

 ネットで動画をダウンロードして見てみると、フレームレートが29.97fpsなんてヘンなのが多い。

 

 かなり昔、アナログの監視カメラを無理矢理にデジタル化したフレームレートが29.97fpsという変てこりんな代物でひどく苦労したことがある。

  あるいは地デジ化の頃だったか、放送だか何だか、なにしろ映像関係の人と飲んでて、元がアナログの29.97fpsの動画を素で30fpsで流してたら早く終わりそうになっちゃて、ひどくアセったとかいう話を聞いたことがある。

 

 デジタルなんだから、びったり30fpsでいいじゃんと思うのだが。

 

 29.97fps というのはテレビのアナログ放送の話で。

 なんでそういうへんてこりんな数字になったか。

 

NTSC のフレームレートはなぜ 29.97fps なのか - swk's log

 

 まずテレビ放送は白黒から始まって、当時はぴったり30fpsだった。

 それをカラーするって場合、色情報を突っ込まきゃなんないから、電波に乗せられる情報量がキツキツになる。それで、色情報を乗せる代償としてフレームレートを落としたということのようだ。

 詳しい仕組みは私も良くわからない。とにかくこのブログの計算式によれば、フレームレートは分数なのであって、

 

f:id:sakurahirosi:20171218140517p:plain 4,500,000,000÷286÷525

 

これを約分すると

 

f:id:sakurahirosi:20171218140534p:plain 30,000÷1,001

 

 分母が1001だし、ざっくり言えば、29.97fpsの動画の1,000フレームが30fpsの動画の1,001フレームと同じ長さになる。

 さっきの映像関係者の話をあてはめると、たとえば1時間の動画は、30fpsだと108,000フレームだけど、29.97fpsだと107,892フレームぐらいになる。差し引き108フレームだから、3.6秒ぐらい短くなる計算。そんなに問題にはならなさそうに見えるが、本番なら動画が終わったあとの段取りに響いてくる。プロとしてはアセる数字かも知れない。

 

 これはアナログ放送の話だから、さすがに地デジは30fpsだろう…と思って確認したら、実は29.97fpsだった。アナログのコンテンツや機器との互換性問題らしい。

 そいやウチ、アナログのテレビに地デジチューナーつないでるわ。

 

 

ミノンと景気とアマゾンと

www.daiichisankyo-hc.co.jp

わたしゃオッサンだけど、ミノンは愛用している。かれこれ30年になろうか。

 

全身シャンプーのしっとりタイプを、洗顔のみに使っている。

 

洗顔にしか使わないから、量はいらない。小さなボトルで十分だ。

 

元は山之内製薬の品物で、1975年だったか、妹がヤケドしたとき皮膚科で、患部をこれで洗えって薬局で買わされたのが、ミノンの無香料固形せっけんタイプのもの。古くからある品物だ。

 

今は第一三共ヘルスケアが出しているのだけど、企業統合関係が複雑なんだな。

 

f:id:sakurahirosi:20171212103155p:plain

 

山之内製薬藤沢薬品工業、三共と第一製薬が、それぞれ企業統合したのが2005年。

 

山之内&藤沢は、医療用医薬品をアステラス製薬一般用医薬品などをゼファーマにした。ミノンはゼファーマの商品になった。

 

一方で三共&第一製薬は、医療用医薬品を第一三共、それ以外を第一三共ヘルスケアにした。

 

アステラスは医療用医薬品に集中したかったので、2007年にゼファーマ第一三共ヘルスケアに売却した。

 

そうした事情で、ミノンは発売元が山之内製薬ゼファーマ第一三共ヘルスケアって変遷したということ。

 

 

しかし30年、山之内製薬の時代から使ってても、売り方がぜんぜん変わらないんだよね。

 

 

景気が悪いときは売れないものだから、小さなボトルをプッシュする。

 

景気が良いときは大きなボトルをプッシュする。

 

 

こういう売り方は非常に困る。

 

なんしろ私は洗顔にしか使わないのだから、使う量は知れている。大きなボトルを買ったら、使い切るのに一年近くかかるし、そんな長期間だと変質してしまう。

 

 

使ってた120mlボトルが空になったから、ドラッグストアに買いに行ったけど、大きなボトルしかない。実感に乏しいけど、景気が良いのだろう。

 

マツキヨなど大手のドラッグストアも、イオンも、印刷したでっかいポップを売り場に出して、大きなボトルをプッシュしてる。地場の中堅ドラッグストアも同様。

 

頭にキた。

 

ふとアマゾンで探してみた。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B0132TF5KU/

 

税込本体価格648円。

 

実家でも使うから、2本ポチった。送料360円で、合計1,656円だった。

 

 

アマゾンはロングテールを確実に押さえるビジネスだし、景気が良かろうと悪かろうと、ロングテールは少ないながら着実に売れる。だから私みたいに、ミノンはミニボトルしか要らないという特殊かつ長年の顧客の要望にも応えることができる。

 

こんな三十年一日の売り方してたら、第一三共ヘルスケアみたいな大きな企業であってもアマゾンの軍門に降りかねん。困ったものだ。